Koozyt

クウジットは、リアルとネットをつなぐ技術で、人の行動や体験をデザインする会社です

Company

会社概要
クウジットは、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)のメンバーが中心となり、[空]と[実]をつなぐ技術で社会に貢献することを理念に、2007年に設立されました。クウジットの強みは、(1) これまで蓄積してきた独自の笑顔認識や行動認識、人流の測定技術などのセンシング技術とそれらの応用によるリアル空間での体験づくり、(2) ソニーCSL、およびISIDと共同事業推進している大規模データ分析技術の活用スキルです。クウジットは、企業や街の健康・ハピネス(=企業の生産性向上や従業員満足度の向上、おかげさまお互いさまの街づくりなど)のためのICTを用いた体験づくり、およびIoT大規模データ分析、共同研究型受託、PoC(Proof of Concept)事業を提供します。

これらをベースに、「街での ヒト・モノ・コトを おもしろく!」をキャッチフレーズに、リアル空間で起こるヒト・モノ・コトについて、おもしろい”体験づくり”と”エビデンスづくり”を提供します。クウジットの手掛ける「おもしろく!」は、”Fun!”から入り、知的好奇心にあふれた”Interesting!”に変わることと位置付けています。複雑度の高い現代社会における課題解決の考え方として、まずシンプルに人が「おもしろく!」と感じることが重要と考えているからです。

【提供サービス・商品】
(1)  因果情報解析技術を活用した大規模データ分析(ISID/ソニーCSLと共同事業)
(2)  人流によるにぎわい計測や笑顔度の計測、笑顔促進ソリューションの提供
(3)  インタラクティブ技術を駆使した体験づくり(電子機器プロトタイプを含む、展示インスタレーションなど)
(4)  研究開発型受託事業
(5)  商業施設や文化施設、空港などのガイドアプリケーション開発提供
クウジットの共同創業者は、CyberCodeやPlaceEngineなどの生みの親でもある東大/ソニーCSLの暦本純一教授。2011年には、電通国際情報サービスと資本業務提携。また、2015年より「ハピネスカウンター for 街づくり」として、慶応SDMの前野隆司教授(幸福学)と保井俊之特別招聘教授(地域経済、地域イノベーション)らと ICTを活用した笑顔促進の街づくりや、「人を幸せにするおカネ」を創る研究(エミーとゼニー経済圏)に関して共同研究を行っています。

さまざまなスペシャリティとスキルを持ったおもしろい人材が集い、プロジェクトとして、チームとして、現代社会における複雑度の高い課題にチャレンジしつつ、社会に貢献していきます。

【会社概要】

商号: クウジット株式会社(Koozyt, Inc.)PDF
本社所在地: 東京都港区芝2-30-11 芝コトブキビル 3B(Google MAP)
設立: 2007年7月3日
資本金: 2億1,961万2,500円
役員: 代表取締役社長 末吉 隆彦
取締役     塩野崎 敦
取締役(非常勤)暦本 純一
社外取締役   森田 浩史
社外取締役   北川 純
社外取締役   夏目 哲
社外取締役   中嶋 淳
監査役: 清水 和人
技術顧問: 暦本 純一
フェロー: 村井 純
北野 宏明
主要株主: 株式会社電通国際情報サービス
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
NIFSMBC-V2006S1投資事業有限責任組合
NIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合
JAIC-アドバンスドテックファンド1号投資事業有限責任組合
日本アジア投資株式会社
アーキタイプ株式会社
役員
パートナー企業: アーキタイプ株式会社
連絡先: info@koozyt.com

【創業者略歴】



感性価値を向上させる体験づくりとエビデンスづくりのエキスパート

代表取締役 兼 空実プロデューサー 末吉 隆彦

1992年 慶応義塾大学理工学部計算機科学科修士課程修了。ソフトウェアプロジェクトリーダーとして、VAIO C1などのノートPC商品化に尽力。2005年ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)にてPlaceEngineサービス立ち上げ。2007年ソニーCSL初のスピンアウト企業となるクウジットを設立。2009年「ハイサービス日本300選」企業に選出。東京国立博物館公式ガイド「トーハクなび」(2011年)、グループ親会社のISIDと共同でプロデュースした、笑顔認識サイネージ「エミタメ」(2013年)やソーシャルスポーツプログラム「エブリスポ!」(2015年)などでグッドデザイン賞受賞。2015年、慶應義塾大学大学院SDM 研究員。同大学院の前野隆司教授(幸福学)と保井俊之特別招聘教授(地域イノベーション)と共同研究。ソニーCSL等のビッグデータ解析技術を活用し、健康づくりや笑顔・ハピネス伝搬や増進に関する体験づくりとエビデンスづくりに取り組む。米国PMI認定Project Management Professional。


屋内測位やにぎわい計測の上流設計&技術導入のエキスパート

取締役 兼 空実コンサルタント 塩野崎 敦

1995年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 計算機科学専攻後期 博士課程修了。博士(工学)。同年、ソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)に入社、インターネットプロトコル関連の研究に従事。2000~2004年にSony Electronics Inc. サンノゼに赴任、スタンフォードネットワークリサーチセンター特別研究員として産学連携の仕事に携わる。2004年より再びCSL、インタラクションラボラトリー勤務。PlaceEngineサービス(無線LAN測位プラットフォーム)の立ち上げと研究・商品開発を行う。2007年7月にクウジットを設立、取締役CTO就任。以降、位置情報・AR・行動解析などの分野を中心としたソフトウェア/サービス開発・コンサルティングに携わる。2012年9月に特定非営利活動法人 位置情報サービス研究機構 の理事就任。


人間拡張(Human Augmentation)研究のエキスパート

取締役 技術顧問 暦本 純一

1986年 東京工業大学理学部情報科学科修士過程修了。 日本電気、アルバータ大学を経て、1994年より株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所に勤務。1999年よりソニーコンピュータサイエンス研究所 インタラクションラボラトリー室長。 2007年より東京大学大学院情報学環教授 (兼 ソニーコンピュータサイエンス研究所副所長)。多摩美術大学客員教授。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 訪問教授。 グッドデザイン賞審査委員。電通国際情報サービススポーツ&ライフテクノロジーラボシニアリサーチフェロー。共同創設者として、クウジット株式会社の設立に携わる。理学博士。

Page Top