クウジット、東京国立博物館 「法隆寺宝物館」で
“動画による位置連動型 博物館ガイド”の実証実験を実施

http://www.koozyt.com/


クウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉 隆彦、以下:クウジット)は、iPhone 3GSを利用し、東京国立博物館 法隆寺宝物館における館内位置情報に連動した動画による博物館ガイド「ロケーション・アンプ for 法隆寺宝物館」を開発しました。クウジットは、2010年1月21日(木)から2月7日(日)まで、このガイドの実証実験を実施します。

実証実験を開催するにあたり、ガイドコンテンツに関する監修、および開催場所の提供に関して、東京国立博物館にご協力いただいています。

【実験の概要】
期間:
2010年1月21日(木)〜2月7日(日)
場所:
東京国立博物館 法隆寺宝物館
東京都台東区上野公園13-9 ( http://www.tnm.jp/ )
対象:
東京国立博物館 入館者
料金:
無料 (※但し、当日の入館料は必要。東京国立博物館の入館料(平常展): 一般600円、大学生400円、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料。)
利用方法:
法隆寺宝物館内の専用カウンターにて、iPhone 3GSを貸出します
(※ ご注意: 貸出機は台数に限りがございます。また、iPhone 3GSをすでにお持ちの方でも、お手持ちのiPhone 3GSで実証実験にご参加いただくことはできません。)
「ロケーション・アンプ for 法隆寺宝物館」の特長:
  1. 館内における「PlaceEngine」*による位置測位および方向検知に連動した新しいガイド表現
  2. 館内に展示された7つの作品を、より直感的に理解し体験するための、動画やユーザー参加型のコンテンツ。使いやすいインタラクティブなガイドを通じ、その場でしか味わえない体験価値を提供
* 「PlaceEngine」 : 無線LAN(Wi-Fi)の電波情報を使って手軽に現在位置を推定する技術

この実験の詳細は下記Webサイトでご覧ください。
http://www.koozyt.com/solutions/amp/horyujitreasures/

クウジットは実験参加者の感想などをもとに、位置連動型博物館ガイドプラットフォームの実用化に向けた課題抽出を行い、2010年春頃からの販売開始を予定しています。

【本リリースに関するお問い合わせ】

クウジット株式会社 広報チーム 担当 飯村
メールアドレス:


(参考情報)
「ロケーション・アンプ for 法隆寺宝物館」画面イメージ

紹介画像1 紹介画像2 解説モード表紙

フロアマップ画面 紹介作品一覧 (資料室アンケートより)

「ロケーション・アンプ」につきまして
「ロケーション・アンプ(Location Amplifier)」とは、ユーザーの場所・空間に連動し、その場特有のインタラクティブな情報配信サービスです。ユーザーの現在位置だけでなく、行動履歴に応じて、情報を配信することも可能です。さらに、KART (Koozyt AR Technology)やセンシング技術等と組み合わせ、その場所・ 空間ならではの体験価値を拡張することが可能です。

クウジット株式会社
「PlaceEngine」技術を開発した株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーが中心となり2007年7月に設立されました。「PlaceEngine」技術のライセンス提供や開発支援、および場所や空間に連動した情報配信サービス「ロケーション・アンプ」の企画・開発・運営を行っています。

※ ”iPhone” は米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
※「ロケーション・アンプ」は、クウジット株式会社の登録商標です。
※「PlaceEngine」は、クウジット株式会社の登録商標です。
※「PlaceEngine」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発し、クウジット株式会社がライセンスを行っている技術です。