女性誌 『Oggi(オッジ) 10月号』の企画「Oggi 3Dパンツ 360°見せます!」で、
クウジットのARマーケティングサービス『GnG(GET and GO)」が採用されました
http://www.koozyt.com/


クウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉 隆彦)の提供するモバイルARマーケティングサービス『GnG(GET and GO:ゲットアンドゴー)』は、8月28日発売予定の女性誌『Oggi(オッジ) 10月号』(小学館)の「Oggi 3Dパンツ 360°見せます!」企画に採用されました。

「Oggi 3Dパンツ 360°見せます!」は、誌面(P.107,123)に掲載された専用のARマーカー「GnG CyberCode*」に、iPhoneアプリ『GnG』をダウンロードしたiPhoneのカメラをかざすだけで利用が可能です(無料)。 *CyberCodeに関しては、文末の資料をご覧下さい

今回「Oggi 3Dパンツ 360°見せます!」ではOggi 2010年10月号に掲載されたパンツを前後左右360°から確認できるほか、どの店舗で購入可能かなど各パンツの商品情報を詳細まで閲覧したり、Eコマースサイトで購入することも可能です。

*ARマーカーは誌面(P.107,123)に掲載  *視覚効果が表示 *パンツは指で前・横・後ろとくるくる回すことが可能
■「Oggi 3Dパンツ 360°見せます!」イメージ

クウジットは、『GnG』をユーザーの行動を喚起することのできる行動デザイン型メディアとして、同社の位置情報やAR技術のノウハウを生かした、新しいモバイルARマーケティング手法の開発を積極的に行なっていきます。

クウジットは、今後リアルとネットをつなぐ技術で、人の行動や体験をデザインし、わくわくするような新しいユーザー価値を提案、創造してまいります。

以上


【本リリースに関するお問い合わせ】
クウジット株式会社 広報 メールアドレス:


■CyberCode(サイバーコード)とは
AR(拡張現実感) アプリケーションを構築するための、世界初のビジュアルマーカーを用いた画像認識技術で、1996年に暦本純一氏によって発明されました。モバイル端末搭載カメラやWebカメラを用いて、印刷された二次元コードの ID とその三次元的な位置や向きを取得することができます。

■「GnG(GET and GO)」とは http://www.koozyt.com/solutions/gng/
「GnG(GET and GO)」とは、クウジットのAR技術「KART(Koozyt AR Technology)」と、株式会社ユーフォニックの最新映像技術を組み合わせ開発されました。専用のARマーカー(GnG CyberCode*)にカメラをかざすだけの簡単操作で、映像・音声・CGなどのデジタル情報や電子クーポンなどともに気軽にAR体験をすることが可能なサービスです。KARTは、ソニーコンピュータサイエンス研究所で開発されたCyberCode技術を利用しています。

『GnG』マーケティングツールとしての特長は、以下の通りです:


    「GnG」アプリアイコン
  1. 認知の向上
  2. 興味喚起の促進
  3. ユーザーの誘引
  4. よりリッチで直感的な情報伝達
  5. 検索不要

【株式会社ユーフォニック】 http://www.euphonic.co.jp
1987年設立。映像・CG・WEB制作会社。トヨタ自動車、日清カップヌードル等、CM CGI 制作実績多数。本田技研 ステップワゴン等の3DCGをベースにした製品カタログを制作。3DCGを核にCM、WEB等シームレスなデータ活用を推進しています。

【クウジット株式会社】 http://www.koozyt.com
「PlaceEngine」技術を開発したソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーが中心となり2007年7月に設立されました。リアルとネットをつなぐユニークな技術で、人の行動や体験をデザインし、社会に貢献することを目指しています。「PlaceEngine」技術のライセンス提供や開発支援、場所や空間に連動した情報配信サービス「ロケーション・アンプ」、モバイルARマーケティングサービス「GnG(GET and GO)」、および位置情報やAR技術ソリューションの企画・開発・運営を行っています。

※“iPhone”、“iPod”、“iPod touch”は米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
※「CyberCode」は、ソニー株式会社の登録商標です。
※CyberCode技術は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発し、クウジット株式会社 にライセンス提供されており、KART(Koozyt AR Technology)ソリューションとして商用展開されています。
※その他の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。