クウジット、成田国際空港 公式スマートフォンアプリを開発提供
〜搭乗ゲートや搭乗時間の変更などを自動で通知 ARナビゲーションも試験運用開始〜
http://www.koozyt.com/


クウジット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:末吉 隆彦)は、成田空港の公式アプリ『NRT_Airport Navi』(iPhone/Android対応)を開発提供し、7月10日より公開いたしました。iPhone/Androidの両プラットフォームに対応する空港公式アプリは、国内空港としては初となります。


『NRT_Airport Navi』アプリは、離着陸等のフライト情報検索、授乳室、喫煙室など各種施設をはじめ、空港内の店舗やマップなどの情報を提供します。搭乗予定のフライトを登録すると、搭乗ゲートや発着時間の変更などを自動で通知されます。

空港内でユーザーの現在地から、館内の行きたい場所までをガイドする、ナビゲーション機能(*現在のところ試験的に実施されています)は、館内マップ表示とAR (Augmented Reality、拡張現実感)により、一層わかりやすく楽しいナビゲーションを実現しました。今後、成田国際空港と共に、空港内での位置情報技術の検証を更に進めてまいります。

クウジット代表取締役社長の末吉隆彦は、『NRT_Airport Navi』について下記のように述べています。
「空港は、慣れない手続きが多くフライト時刻の確認に焦ったり、反面搭乗時間まですることがなかったり、時間を有効に使うことが難しい場所になりがちです。今回弊社が開発した、『NRT_Airport Navi』は、フライト時刻までのカウントダウンを基軸に、成田空港で過ごす時間をより便利に、より快適に。成田空港が、これからの旅への期待に思いを馳せる場所となるよう、先端的な屋内位置情報やAR技術を盛り込んだ成田空港アプリをぜひともご利用、ご体験いただければと考えています。クウジットでは、商業施設向けに標準的な位置連動型の情報配信機能を提供するプラットフォームサービス『Pochi Walk』を提供していますが、今回の『NRT_Airport Navi』アプリのように、その場特有の機能を盛りこんだカスタムアプリケーション開発など、幅広く、位置連動型の情報配信サービスを展開しています。」

クウジットは、今後も位置情報や、AR、センシング技術等を用いて、リアルとネットをつなぎ、場所や空間に連動した、わくわくするような体験を提案、創造してまいります。

以 上

【本リリースに関するお問い合わせ】
クウジット株式会社 広報 メールアドレス:

<参考資料>


■『NRT_Airport Navi』アプリ概要
【言語】 日本語、英語、中国語(簡・繁)、韓国語
【対応端末】 iPhone (iOS 5.0以上)
       および Android(OS 2.2以上) (一部、動作に制約のある機種もございます。)

【ダウンロード方法】 App Store, Google Playから「NRT_Airport Navi」を検索しダウンロードしてください。

App Store: App Store: http://itunes.apple.com/jp/app/nrt-airport-navi/id538108880?mt=8
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=narita.airport.navi

【配信開始日】 Android アプリ: 7月10日(火)公開
        iPhoneアプリ:  7月10日(火)以降順次公開予定

【価格】 無料

■主な機能:


アプリケーションイメージ
(左から: マイフライト登録、館内マップ表示、館内施設の表示、現在地情報提供およびナビゲーション、AR機能)

【クウジット株式会社】 http://www.koozyt.com
「PlaceEngine」技術を開発したソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーが中心となり2007年7月に設立されました。リアルとネットをつなぐユニークな技術で、人の行動や体験をデザインし、社会に貢献することを目指しています。「PlaceEngine」技術のライセンス提供や開発支援、場所や空間に連動した情報配信プラットフォームサービス「Pochi Walk」、モバイルARマーケティングサービス『GnG(GET and GO)』、および位置情報やAR技術ソリューションの企画・開発・運営を行っています。

※記載の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。