2016年6月6日
      クウジット株式会社
     COME ON!! 虎ノ門製作委員会


COME ON!! 虎ノ門製作委員会とクウジット、「虎ノ門  街バル」イベントにて笑顔認識サイネージとガチャガチャを使った笑顔促進ソリューション「SMILE COIN」を実施!
~街づくりの活動とICTソリューションが融合し、街での ヒト・モノ・コトを おもしろく!~

 虎ノ門の街を盛り上げるために取り組んでいるCOME ON!! 虎ノ門製作委員会(所在地:東京都港区虎ノ門、委員長:小野寺 学)とクウジット株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:末吉 隆彦)は、虎ノ門ヒルズを運営管理する森ビル株式会社の協力のもと、2016年6月6日~8日に虎ノ門で開催される地域活性化と飲食店の集客支援を目的にしたグルメイベント「虎ノ門 街バル」*1(主催:株式会社リンクバル)において、笑顔を認識するデジタルサイネージを利用した「SMILE COIN」体験型展示(協賛:K.I.T.虎ノ門大学院)を併設します。本展示は、COME ON!! 虎ノ門製作委員会が街づくり活動としての運営を行い、クウジットが街づくり×ICTソリューションとしてデジタルサイネージ向けアプリケーション「Smile Magic」*2 を提供します。
 「SMILE COIN」では、虎ノ門ご当地キャラクターである「カモ虎課長」や「虎ノ門 街バル」のフレームで記念写真が楽しめるほか、複数人(3~4人までグループで同時に体験可能)の場合、「カモ虎課長笑顔バトル」モードとなり、笑顔度の高い人には王冠、笑顔度の低い人には、カモ虎課長のマスクが被せられてしまいます。さらに、毎日17:00以降は、笑顔スコアが高いと、デジタルサイネージからコインが発行されます。そして、そのコインで、豪華賞品(虎ノ門街バルチケットやカモ虎課長グッズなど)が入っているガチャガチャに挑戦ができます。


「SMILE COIN」体験展示イメージ

*1 「虎ノ門 街バル」イベントについては、該当URLを参照ください。(URL:http://machi-bar.jp/toranomon-bar/
*2 「Smile Magic」とは顔画像認識技術を使い、カメラに映った表情や「笑顔度」に反応し、さまざまなインタラクションを発生させる事ができる、デジタルサイネージ向けアプリケーションです。(URL: http://www.koozyt.com/service/smilemagic )

                       

「SMILE COIN」体験展示の概要
■開催日 : 2016年6月6日(月)~8日(水)
■会場 :   虎ノ門ヒルズ森タワー2F 愛宕山エントランス脇 (虎ノ門街バル受付横)
■時間 : 12:00 – 21:00 (※街バルの受付、およびコインが発行されガチャガチャで遊べる時間帯は17:00-21:00となります)
■対象者 : 一般 (街バル参加者でなくても、「SMILE COIN」は体験可能です)
■参加費 : 無料
■協賛 :   K.I.T.虎ノ門大学院
■協力 :   森ビル株式会社、株式会社ビオトープ、株式会社リンクバル

COME ON!! 虎ノ門製作委員会の小野寺学は、下記のように述べています。
「Come on 虎ノ門製作委員会として地方各地にPR活動やラジオ番組などを始め今年で4年目を迎えます。当初は、新橋=サラリーマンの街、霞ヶ関=官庁街、というように虎ノ門=◯◯◯という代名詞がなかったが虎ノ門ヒルズが建ち、虎ノ門=虎ノ門ヒルズという代名詞ができつつあるなと感じています。前回実施した「SMILE PHOTO」は、思っていた以上に好評でクウジットさんのようなICTソリューションと虎ノ門がコラボすると、こんなに人が集まり盛り上がるんだということを実感いたしました。さらに今回もパワーアップした笑顔認識サイネージと昔懐かしのガチャガチャマシンでワクワク感やウキウキ感を演出できたらと思います。今後も「Smile Magic」のような新しい技術を街と連携していき、「虎ノ門=可能性の街」として植え付けられたら面白いなと思っています。」

クウジット代表取締役社長の末吉 隆彦は、下記のように述べています。
「昨年に続き、「虎ノ門 街バル」イベントにて、笑顔認識サイネージを利用した街づくりxICTソリューションの提供が実現できて、たいへんうれしい限りです。クウジットでは、日常生活の中で積極的に笑顔をつくることを促進する情報インタラクションを街づくりに生かそうとチャレンジしています。これは、共同創業者でもある暦本純一先生(東大情報学環/ソニーCSL)らが提唱する「ハピネスカウンター」という研究コンセプトで、笑顔になる機会を増やしてあげることで、人は実際に幸せな気分になるという表情フィードバック仮説(「幸せだから笑顔になる」だけでなく「笑顔になれば幸せになる」というWilliam Jamesの知見)に基づいています。今後も街づくりに関わるさまざまな方々と連携して、笑顔・ハピネスを伝搬、拡張する仕掛けや、ワクワクするような体験を創造していきたいと思います」

COME ON!! 虎ノ門製作委員会は、今後も、「虎ノ門を世に広める、虎ノ門を働きやすい街にする、虎ノ門を楽しい街にする」をモットーに、虎ノ門を日本全国へ発信していきます。クウジットは、今後も「街での ヒト・モノ・コトを おもしろく!」をテーマに、街づくりに関わる様々なユニークな仲間たちと一緒に、街づくり×ICTソリューションを通して、わくわくするような体験を提案、創造してまいります。

※「Smile Magic」は、クウジット株式会社の登録商標です。
※「Smile Magic」は、ソニー株式会社が開発した顔画像認識技術を利用しています。
※記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

以 上

【参考】

■「虎ノ門街バル」について http://machi-bar.jp/toranomon-bar/
「虎ノ門街 バル」は、街バル公式サイト「街バルジャパン」( http://machi-bar.jp/ )を運営する株式会社リンクバルにより、虎ノ門ヒルズを運営管理する森ビル株式会社の協力のもと、開催されます。街バルとは、チケット制で複数飲食店を食べ歩き・飲み歩きできるグルメイベントです。参加者は開催エリアを回遊する為、新しいお店や街並みの魅力を発見することができる地域活性化イベントとして、全国各地で開催されており注目を浴びています。また、飲食店や周辺商業施設の新規誘客による販売促進施策としても開催されており、虎ノ門では昨年の11月に続いて2回目となります。

■COME ON!! 虎ノ門製作委員会について http://come-on-toranomon.jp/
「虎ノ門を世に広める、働きやすい街にする、楽しい街にする」ことを目標にする地域活動です。環状2号線、虎ノ門ヒルズを皮切りに虎ノ門一丁目をはじめ、虎ノ門全体を盛り上げるべく地元有志による『COME ON!! 虎ノ門製作委員会』を旗揚げ。『COME ON!! 虎ノ門製作委員会』から様々なモノを発信・収集し、これまでの単なる情報発信ではなく、新たな虎ノ門スタイルを地元から考え・発信していくことで、虎ノ門を魅力的なまちにしていくことを目指します。

■クウジット株式会社について http://www.koozyt.com
「PlaceEngine」技術を開発したソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーが中心となり、[空]と[実]をつなぐ技術で社会に貢献することを理念に、2007年7月に設立されました。「街での ヒト・モノ・コトを おもしろく!」をテーマに、「街での ヒト・モノ・コトを おもしろく!」をキャッチフレーズに、ICTを用いた下記の事業領域に取り組んでいます。(1) 街づくりソリューションの開発提供(人流によるにぎわい計測、笑顔・ハピネス度の計測・分析・促進ソリューション等)(2) 研究開発型受託事業(ウェアラブルやKinectセンサーなどを用いた健康づくり施策等) (3) 位置空間情報系アプリ開発受託事業(東京国立博物館ガイド、成田国際空港ナビゲーション、富士山世界遺産センターガイドなど)