Koozyt XAI Vision 慧(KEI)

Company

クウジットは、目に見えている実世界(識別可能な事象・「実」)と目には見えないが本来あるべき姿(複雑系の世の中・「空」)をAIデータ解析(因果分析と未来予測)という技術で、世界をひもとき人々や企業、社会がかかえる課題解決に貢献したいと考えています。

クウジットのAIプロダクト「慧 KEI」は、さまざまな要因がからみあい、人が容易に把握できないような、複雑度の高いシステムにおいて人が理解できるように、課題解決の意思決定を支援するAIデータ分析サービスです。ビッグデータから、機械学習技術を用いた「未来予測」と因果情報分析技術を用いた「原因・要因分析」とを組み合わせた、独自のAIデータ解析商品です。商品・サービスの販売売上や需要数、顧客満足度や離脱率、製造業における不良率、人事・組織開発における従業員満足度や離職率など、さまざまな経営課題に対しての未来予測や原因・要因分析に適用可能です。

【クウジットの提供サービス】
(1)  未来予測と原因・要因分析を行うAIデータ解析サービス「慧(KEI)」
(2)  笑顔計測や人流計測ソリューションなどの実世界センシングソリューションの提供
(3)  CPS(Cyber Physical System)アプリケーション、IoTハードウェアプロトタイプ開発受託

クウジットについて

         
What's New Feed
2020年04月01日 Release ボノ、クレメンティア、クウジットの3社は共同で、対話でウェルビーイングなまちづくりを支援するワークツール「Local Dialogue」サービスの提供を開始します。(プレスリリース | 公式サイト)
2020年01月30日 News [ブログ] AIコンテスト「Animal-AI Olympics」(知的動物の思考プロセスをAIを活用して模倣するためのコンペティション)に挑戦!
2020年01月08日 News 2019/12/9 カナダのバンクーバで開催されたWiML(Woman in Machine Learning)ワークショップに、Amina K Mim らの論文が採択されました。
“AI TUNA : Automating Tuna Quality Evaluation using a Hierarchical ML Model”
Amina K Mim (Koozyt, Inc.)*; Hideyuki Ono (Koozyt, Inc.); Yasushi Miyajima (Koozyt, Inc.); Atsushi Shionozaki (Koozyt, Inc.)
https://wimlworkshop.org/2019/program/
2020年01月08日 News [ブログ] Kaggleコンペティション 「Predicting Molecular Properties(分子特性の予測)」に挑戦!
2020年01月08日 News 2020年、弊社代表の末吉から新年のご挨拶
2019年12月24日 News 年末年始の休業期間について
2019年11月06日 Release AIによる要因分析サービス「CALC 3.0」を提供開始します。「CALC 3.0」では、因果情報に基づく介入・施策効果をシミュレーションする新機能が搭載されます。
2019年10月31日 News 弊社代表の末吉が、11/3(日) 第16回日本循環器看護学会学術集会(会場:北里大学白金キャンパス)において開催される「循環器看護と新たなテクノロジーの融合」セッションにて、「人を幸せ笑顔にするICT・AIデータ解析の活用について」と題して、講演・パネルディスカッションに登壇します。
2019年10月31日 News [ブログ] クウジットは、マグロの品質判定を行う画像解析AI「TUNA SCOPE™」のAI開発支援をしています。
2019年10月30日 News 弊社代表の末吉が、書籍『空間デザイン帖 リアル ⇄ バーチャル』(10/31発売、一般社団法人日本空間デザイン協会)に寄稿し、東京国立博物館「トーハクなび」や、山梨県立富士山世界遺産センター「ふじめぐり」などの事例を紹介してます(Amazon書籍はこちら)。
>>More

Koozyt Staff Blog
Koozyt Staff Blog
facebook
twitter